忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


図らずも転職に成功し、新人として働き始めて一ヶ月が経とうとしています。
最初はアシスタントとして、その日その時指示されたことをこなしていました。

そんな勤務一週目(一番へとへとに疲れていたとき)、なぜかイタリア語の仕事が単発でありました。
それは、社長が輸入している絵画のタイトルの和訳と英訳です。
タイトルが書かれた表に、正しいスペルで入力されていないらしいものが多く、電子辞書では見つけられない単語もありました。しかし、悪戦苦闘を経て何とか終えるという出来事がありました。
小さい会社ならでは、社長が私の経歴を把握していたから来た仕事でした。
こんなことってあるんですね。

それにしても、アルファベット一つ違うだけで、単語が調べられない。
便利と思っていた電子辞書にも落とし穴はありました。
その点ポケット辞書で調べなおすと、見開きで他の単語もざっくり見渡せるので、
「この単語じゃ?」とあたりをつけることができました。
もちろん電子辞書も、前後の単語を見ることができますが、範囲が狭すぎて、ちょっとした入力違いをカバーできませんでした。

イタリア語を勉強していると、単語を頭の中で一度音声化してから調べます。(私だけ?)
だから、LとRの間違いはあれど、写し間違いってあんまりないと思っていました。
でもイタリア語を知らない人は、音声化しないので、写し間違いが生じやすいと言うのも一つの発見です。

電子辞書と普通の辞書それぞれの長所短所を知ることのできた仕事でした~
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ