忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日(日曜)は、二時間程度の勉強をしました。その間,何をしていたかと言うと、な・なんと10数行程度の文章を読むのに悪戦苦闘していたのです。知らない単語は、1行に一つくらいで、私にしては少ないほう。他の単語は割りによく使われるものなのに、文章として理解が出来ない!!何度読んでも、理解できず結局タイトルにあるVittorialeという言葉と、文中に出てくる詩人ダンヌンツィオについて、ネットで検索しました。
すると、出てきました・・・。Vittorialeとは、この詩人の別荘の名前で今は彼の博物館になっているのです。(北イタリアのガルダ湖のそば)そして、彼は詩人としてだけでなく、ファシスト運動に参加した人で、ある意味での愛国者として有名だったみたいです。どおりで、“全てのイタリア国民に捧げるべく・・・”とか、“イタリアの勝利を絶え間なくたたえる・・・”なんていうなれない文章が出てきたのかが、やっと分かったのです。もっと、早く検索していれば良かった・・・。と、思いました。
私のように、イタリアの歴史に詳しくなくて、歴史上の人物が出てきたものを読むときは、早めに調べたほうが賢明だと気付きました。昨日も、今日もそれに疲れ果てて、他には何もしませんでした。それにしても、教材に使われる文章というのは、案外短いほうが難解だったりするんだな。と感じます。短いからと舐めてかかると痛い目に合うので、皆さんも気をつけてください。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ