忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、金曜日に久しぶりにイタリア語友達のMさんと会いました。
いつもは、イタリア語友達と一緒にご飯を食べたり、イタリア語学習の近況について話し合うことがほとんどだったのですが、今回は少し違います。

いや、違わないか?

おしゃべりすることには違いないのですが、今回は日本語でではなくイタリア語でのものだったのです。
会話は、近況についてだったのですが、いろいろ発見があったのでここに書こうと思いました。

個人的な感想としては、かなり良かったです。
私が感じたメリットは、
1.まずイタリア語が母国語の人より間違いを恐れない。
2.日本人独特のネタでも通じやすい
3.なんで?とあまり聞かれない
といったところです、
1.は日本人どうし、冠詞や時制の一致などで苦労をわかってもらえるので、間違いを許してもらえそうな気がして(笑)なんでも話してみよう!という気持ちがより持てる気がします。
2.はイタリア人が知らない日本の有名人や習慣をいちいち説明する必要がないので、すんなり話が進められるということです。あと、日本語の表現をそのまま伊訳して通じてしまうことも、大きいです。
3.は2.と似ていますが、なんで?どうして?攻撃にあわないので、途中で注釈をしていって、自分が何を話したかったか忘れることもありませんでした。

実践(イタリア人との会話)にどう役立っていくかはまだ未知数ですが、これをすることで日常生活の中で「イタリア語でなんて言うんだろう?」と考える習慣がつきそうなきがします。

私の個人的反省としては、スピーチ風より相手の反応を見ながら、話を進めていくほうがより盛り上がるように思いました。そして、動詞の変化をもうちょっとすんなり出てくるようにしたいと思います。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ