忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日「オーラの泉」を観ました。
ある切断を迫られているとある女優さんに対するアドバイスが、興味深かったです(ご覧になったかたもいらっしゃるでしょうか?)

大事な選択を迫られたときに大切なことは
「情を捨てて考えること」
なんだとか。その女優さんは非常に困惑していました。
情に流されまくって、すべての人が幸せになるように考えているから、ここまで困ってしまったのでしょう。

この言葉が心に響いてきた人は何人くらいいたのかな?と私は考えました。少なくとも、私は大きく反応した言葉だったのです。

私の中で、大きな迷いが生まれたときや悩みがあるとき、必ず相談している人がいます。その人は非常に的確に問題をとらえて、考えもしなかったアドバイスをいつもくれます。

初めていろんな悩みを打ち明けたとき、その彼女は私に対して、上に書いたこととまったくおなじアドバイスをしました。
そして、「WIN-WINの法則」として詳しく教えてくれました。

ある人にとって最善と思われる選択は、周りに同じくらいの良いことをもたらす、という普遍的な法則なんだそうです。だから、目先の判断だと痛みを伴うことだったとしても、ゆくゆくは必ず良い結果がもたらされる、ということなんだとか。
「選択肢は自分の気持ちを最優先に考えれば、必ず周りも幸せにできるんだよ。」

目からうろことは、まさにこのこと!
その人に
「Cammininaは人の気持ちや希望に敏感でその人が望むとおりに行動しようとする癖がある。それも大切なことだけど、肝心なときにも自分の気持ちを優先できなくなってるから、まず自分の気持ちに耳を傾けることに集中したほうがいいよ。」
と言われました。

自由奔放で時には自分勝手と言われてしまう私のことを、こんな風に受け止めてくれていたんだ、と嬉しく思いました。以来、自分の気持ちになるべく正直にいろんな選択をするようにしています。
そして、この法則に間違いはないと感じています。

今回のオーラをみて、「私へのメッセージかしら?」(笑)と思い、改めて自分に素直でいようと思いました。

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ