忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

個人レッスンで、先日載せた文のparafrasiをしました。
今回も和訳をしました。

添削後の文章は後日載せるとして、今日は和訳文をどうぞ。

私は普通の女の子と結婚して、そして今は一人ののぼせ上がった女性と一緒にいる。私の妻は、旅行会社の管理者を任されて以来、文字通り正気を失った。
彼女は適正労働時間以上に働くだけでなく、夜家に帰ってからもそれをやめようとしない。彼女は私が元気かどうか、1日何をしていたか、私が何をしたいか・・・などを尋ねるかわりに、まさしく“洪水”のように会社の話をあふれ返す。どれだけのパッケージ旅行を売ったか、どれだけのアジア方面の旅行を薦めて売ったか、どの重要顧客を同業他社から奪ったか。それ以外のことは話せない。彼女が急に重大な任務を持ち、私にリラックスさせて欲しがっているような新しい状況なわけだし、当初は仕方ない反応だと思っていた。しかし、時間が経てば経つほど、一種病的な熱意は増大しつつある。
私は毎晩、(1)私についての話をすることを許したり(2)彼女に自信が人間であることを気付いたり(3)私たちは時には愛し合う男と女であることを思い出すこと、などを願っている。
そして、毎晩彼女が成功への熱意に文字どおりとりつかれていることに気付いたことに最初はがっかりし、そしてだんだん腹立たしく思えてきた。
時には、彼女や彼女の会社について思うこと全てを彼女に言おうと考えた。しかし、私をパートナーの成功に嫉妬する、ありがちな男性優位主義的な夫の一人と彼女が感じるだろうことが目に見えている。私は自分の分別に対して厳しい検討を加えたり、私より財力に恵まれ5倍は稼ぐ彼女の行動に本当に屈辱を感じてはいないのか、自問自答した。
理解し合うことは私に満足感を与えないだけでなく、どんどん距離が広がっていっている。もしも彼女が、自分の熱中ぶりと自己愛に対して、もう少し閉鎖的であれば、私は彼女を愛していてとても必要としていることを説明する余地もあった。
しかし、誰も必要としていないのは、彼女のほうなのだ。
そしてそのことが、私を落ち込ませ憂うつにしている。

全体の文章としては、とても難しい!と言うものではなかったけど、細かい慣用表現がいまいち分からなくて苦戦しました。
先生に、持っているのなら伊和辞典より伊伊辞典を使うことを薦められました。たとえ緑の辞書でも、限界があるそうです。
大変だけどやるしかないか・・・。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

rapporti tesi ?

お疲れさんです。
こんなにスムーズな日本語に訳されてしまうと、ひっかかってたりしてたところもちゃんと頭に入ってくれますねー、どもどもです(^_^)b

それにしても、イタリアの男の立場で考えるのは難しいもんだなという気もしないでもない…。

無題

この文章好きで、改めてちゃんと読みたくて、個人レッスンで取り上げたと言うのもあります。

それぞれの視点から語られているのが面白くて・・・。
あ、これで恋愛観として一つログが追加できるわ☆
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ