忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日、個人レッスンで私が取り上げたテーマについて書きます。

Uno svantaggio dell'Italia che non ha il Giappone.
⇒Nei servizi pubblici non importa fare aspettare qualcuno.
私があげたのは、公共サービスにおいて人を待たせることを気にしない。
ということでした。
先生はこれに対して、的確な単語を使って説明をしてくれました。

noncuranza(n.f)無関心、無頓着
noncurante(ag.)なおざりな、いいかげんな

といった言葉が適当でしょう。
それらの理由について、先生は面白いことを述べていました。
ヨーロッパ人にみられる傾向だけれど、自分がしたくない仕事をしているという不満(フラストレーション)を客や利用者にぶつけている。そして、私生活の不満も同様に、仕事に反映させてしまうことがこう言った現象の理由だと言う。
日本人にとって、どんな不満があろうが、それは個人の問題で、お金をもらってしている仕事には関係のないこととして、全く切り離せるけど、イタリア人は違う。
日本人は心で怒っていても、表面は笑える人種なのだとか。イタリアでも、ピエモンテ州の人はこの気質に近くて、ローマ人の先生は、こう言う正確のほうが好き、と言っていました。

ちなみに、私の場合は滞在許可証を申請するとき、郵便局で・・・などなど、他の人同様いやな思いをたくさんしましたが、それはイタリア人も同様みたいです。

先日、別の先生が延々郵便局でのひどい扱いにグチを言っていたっけ・・・。温厚な先生なのに、かなり荒れていたので、相当だったのでしょう。

これも、文化と思い、受け入れていく器がなければいけないのでしょうが、それは遠い道のりだわ。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

こんばんわ。ちさこと申します。
私はイタリア大好き人間です。
イタリアに行きたくて、始めたイタリア語、5級に合格して(4級は落ちて)この時点でイタリア語の勉強はストップしてしまいました。
たまたまこのブログに辿り着いて、頑張っている人もいるんだなあと関心しました。
とりあえず3級を目標にまた始めてみようかなと思っている今日この頃です。

はじめまして!

ちさこさん、はじめまして!
このブログに関心を持ってくださって、ありがとうございます。

私も、今まで勉強しては休み勉強しては休み・・・を繰り返して今までやってきました。
休んでいても、イタリア語は逃げません。思い立ったときに出来ることが言語の楽しさだと思います。

これからも、何か参考になる情報を提供できればと、思います。
よろしくお願いします(^^)/
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ