忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回は、日本のSVANTAGGIOについて
Uno svantaggio del Giappone che non ha l'Italia.
⇒Ci si annoia subito di qualsiasi cosa .
私が、取り上げたのは日本人はすぐ飽きる。
ということでした。イタリアにいたとき一緒に住んでいたおばあさんは、お金持ちにも関わらず質素で倹約家でした。
それに反して、日本人はテレビも携帯もゲームも新しいものにすぐ興味を示して、買い替えたがる。
と述べました。

そう言う日本人の気質に関する単語
consumismo(n.m)消費促進(主義)
consumistico(ag.)消費促進主義の、消費文明の
industializzare 産業化する

それに対し、先生は日本人でもお年よりは質素で物を大事にするから、これはあてはまらない。とのこと
ならば、家や家具はイタリアでは古いものが好まれる。しかし日本では、どちらも新しければ新しいほど高くつく傾向が強いので、新しいもの好きという点で、やはり日本人は飽きっぽい。
と答えたところ、これに関しては納得していた。

話が少し飛んだのですが、そのあと現在の日本とイタリアのインテリアについての話になりました。
日本のショールームの本棚にはアルファベットの本が並べられ、イタリアでは禅という言葉に順ずる家具が高級品として位置付けられている。これはなぜだと思う?
と聞かれて、はて?なんでだろう?
新鮮だから、見慣れていないものだから。と答えました。
その通り、人間は普遍的に目新しいものを好んで使うのだよ。とのこと

は~、深いお話になってきたわ。
でも、確かにイタリアやアメリカでは漢字のタトゥーが流行なのだとか。
でも、日本人はいくら形が美しいからといっても、“便所”なんていれないものね。これは、漢字以前の問題か・・・
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ