忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


4月9日はパスクァ(復活祭)でした。
春分後の最初の満月の後の日曜に設定されているので、毎年日が変わるこの日が、イタリア人にとってもヨーロッパ人にとっても特別なものらしいです。
その辺りは連休になるので、さしづめ日本人にとってのゴールデンウィークみたいなものでしょう。
ペルージャにいた頃、ヨーロッパ人の生徒たちは、この機会に自国に帰っていました。そしてアジア人は旅行にあてたりしていました。

そんなアジア人の私はどうだったかと言うと、香港人とフィリピン人の女の子達と旅行の予定がありました。しかし一人は体調不良で、もう一人は急な来客でドタキャンとなってしまいました。他の友人を探したときには、すでにタイミング悪く、皆予定を組んだ後でした。仕方なく、ペルージャに残ることになったのです。

そんなパスクァの朝、一緒に住んでいたおばあさんが、パスクァの伝統朝ご飯を用意してくれていました。

殻に色が塗られたゆで卵、4.5種類はあるサラミ、そしてチーズケーキ(注:日本で食べられるあのチーズケーキというより、チーズを練りこんだパンのようなイメージが近い)
20何年間、ご飯とお味噌汁で育った私には、なんともたまらない朝ご飯でした。そして、何より旅行をしていては経験できなかった家庭の味を楽しむことが出来たのです。
その日は、おばあさんとゆっくり朝ご飯を食べました。

そして、午後は日本人の友達の家に遊びに行って、遅い昼食を作り、これまたゆっくりと頂きました。

お金もかけず(笑)、思いがけずたのしいパスクァの思い出でした。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ