忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コッコドリッロ家の鍵
昨日は、このブログにときどきコメントを載せてくれている、イタ語友達Robiちゃんと、神保町のイタリアン「コッコドリッロ」でランチをした後映画「家の鍵」を一緒に見ました。
以前は、最低でも月に2、3回は会っていたのに、今回は一ヶ月ぶり!そうともなると、話題がてんこ盛りで静かなレストラン内でふたりキャッキャ騒いでいました・・・。
レストランに関しての、正直な感想をまずひとつ。料理は美味しかった。しかしパスタの量が物足りず、それにドルチェと飲み物だけで1785円は高いと思いました。13歳未満お断りというハイソなイメージの割には、店員さんはハイソでなくて(笑)割高サービスな気がしました。しかし、週末の神保町ということもあり、静かで落ち着いた雰囲気の中ゆっくりおしゃべりできました。今後も、いろんなレストランを開拓していきたいです。
映画は、すごく良かったです。全体的に劇的な何かがあるわけではないですが、そんな淡々としたストーリーに人間の気持ちが浮き彫りになっていて、私の好きな静かな映画でした。主人公は若いころ、恋人を出産でなくしてしまい、そのショックで子供を手放してしまう。15年の時を経て、障害を持った息子をその主人公が病院へ連れて行き、その後スェーデンを旅をするというストーリーです。息子のパオロに主人公のジャンニが「一緒に住もう」というシーンでは泣きました(>_<)けれど、残念ながら私はジャンニがどういう経緯で引き取るにいたったかの心の流れが、ちょっと分からなかったです。これは、映画の表現不足ではなく、私の読み取る力が無いからだと思います・・・。きっと、何度か観ていくうちに受け取り方が変わっていくと思うので、DVDがあれば買いたいな。
余談ですが、この映画は2時間くらいありました。字幕つきでみたものの、イタリア語を耳にしていたので速聴として、勉強時間1時間に勝手に加算しちゃいました。その後、学校へ行って勉強。好きじゃない映画を理由を説明する、というテーマでガッツリ添削されました。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ