忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1/26(金)は学校でした。仕事は予定通り終わったものの、同僚の飲み会に少しだけ付き合ってから学校へ行ったので、1時間目は遅刻。2時間目からの参加となりました。
当日の先生は、映画の授業とはいえあまり映像を見ずに、前振りに50分、映像5分、その後話して5分、で1時間目が終わったもよう。
2時間目は、私のために1時間目にしたことを説明してくれて、映画のワンシーンを見ました。タイトルは覚えていませんでしたが、白黒の映画で、主人公の男性がウソをついているシーンでした。

それに関連して、健康にまつわる俗説をウソかホントか考えよう!と、それらのテーマ分をいくつか見せられて、クラスメートと話し合い、実際はどうなのかを説明しました。

1.Le uova fanno male al fegato.
卵は肝臓に悪い
2.La birra fa bene a chi allatare.
ビールは授乳中の人に良い
3.La famosa mela davvero toglie il medico di torno.
リンゴを食べると実際本当に医者要らずになる

みなさんはどう思いますか?
1はFalso。肝臓に悪いのはアルコールで、卵が健康に良いか悪いかは別にして、肝臓にはなんの関係もナシ。
2はもちろんFalso なんで、こんな俗説があるのかが理解できませんが、何の因果関係もナシ。ちなみに、トスカーナ地方ではズッキーニを食べると母乳がよく出ると言われているらしい。そのため先生のマンマは先生含め3人の子供のために授乳中に、ズッキーニを食べまくり、今は見たくもないらしい。
3.Vero。ホントに体に良いらしい。しかも、皮や芯・種の部分が特に体に良いので、医者要らずもあながちウソではないらしい。

どこの国でも、食べる快楽と健康のはざまで翻弄されて、間違いなんかも起こしてしまったりしちゃうのでしょう。

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ