忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ずいぶん、更新をごぶさたしてました。
2級を取得した私ではありますが、メールでのリクエストもあるため自分が試みた勉強法を紹介して、今後受験される方に参考にしていただけたらと思います。

私をはじめ、日本にいながら外国語を勉強するというのは、けっこう困難なことだと思います。ましてや、英語のようになじみの少ない言語ならば、なおさらです。
イタリアで勉強している人に比べると環境としては劣るものの、それに近づけることは出来ると思います。私は、机に向かって問題集を解いたりCDのディクテーションをするだけを勉強としていたわけではありません。といのも、電車の中では過去問のCDや日常会話のCDを聴いたり、添削して清書した作文を覚えたり、歩きながらCDのフレーズを繰り返したり(←はたから見ると変な人)常にイタリア語を見たり聴いたり口にしたりしていました。
“全てを丸暗記する”という意気込みでするのではなく、“常に触れている”という意識で行なっていました。今も文章を考えながらRAI放送のニュースを聞いています。
(⇒ http://www.rai.it/ )
そういうことを意識していると、いざ机に向かって勉強しようというときに、けっこうすんなり教材に入っていくことができます。
つまり、ウォームアップが出来た状態で問題を解けるのです。不思議なことに、これを繰り返していると前に勉強していたことがそのとき勉強していることにリンクし易くなります。
例えばCi tieni alla tradizione.を、家で参考書でみたあと学校の授業でCi tengo alla famiglia. という文章がでてきたとき、「あ、tenerci a ~ ~を大切にするってヤツだ!」なんてピーンときます。これが結構嬉しかったりするんですが、これが増えると頑張って勉強する気になったりします。

注)これを繰り返すとウンザリします(笑)
そうなったときは、3日くらいイタリアンモードを休止しましょう。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

元気になってよかったですね
「日常会話のCD」でなにかお勧めはありますか?
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ