忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kさんとのイタリア語のレッスンは、命令法を終えて、条件法に入りました。

そこで、条件法のむずかしさについて考えてみました。そして、習得するにあたって、大きく3つのステップが必要だと、自分なりにまとめてみました。

STEP1 活用を覚える
 これが、まず第一で一番かなめのステップです。主語に応じて、正しく活用させられるかどうかが大事です。
-are動詞が-erei,-eresti-erebbe・・・のように言葉一つが長くなるので他より少しややこしい。
chiacchierareの活用をchiaccherei(←間違い)と覚えてしまいがち。正しくはchiacchiererei
わき目もふらず、まず活用をしっかり覚えましょう。
未来形を勉強した人なら、その応用編みたいなものなので、覚えやすいと思います。

step2 見分けられる
 文章をみて、条件法に活用された動詞を見分けられる、そしてその不定詞の形がわかるということです。step1で活用をしっかり覚えれば、これは時間がかからないと思います。

step3 どの用法にあてはまるかわかる
 文法書などに出てくる、用法に関してはここで詳しく説明するつもりはありませんが、文中に出てくる条件法をみて、適切な用法で訳せるかどうか、というのが一番難しい部分だと思います。また、言いたいことや書きたい文章の内容に応じて、動詞を条件法に活用できることも、ここにあてはまると思います。

こんな感じで、とくにSTEP3が条件法の難しさだと思います。
実現することが50%のことでも、0%のことでも条件法現在をつかうこと、実現が絶対不可能なら、過去・現在・未来のいつ起こることでも条件法過去がつかわれること。
など、実際の条件法現在・過去という言葉とはうらはらな部分も難しさの一つといえます。

とはいえ、ひたすら問題集を解いて、ひたすら文章を読むことが、STEP1~3を制覇する近道だと思います。

習うより慣れろ!!です

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ