忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の学校の授業で、輝ける青春を観ました。そこで、フィレンツェの大洪水が1966年にあったことを知りました。
そして、ちょこっと調べてみました。これで、多くの貴重な遺産が被害を受けたそうです。それによって、修復学が栄えたともいわれています。

イタリアに関する知識に大きな偏りのある私ですので、こうしてすこしずつ勉強していかねばなりません。

さて、先日のログのコメントをしてくださったKanettaさんのオススメしてくださった米原万里さん。イタリア語通訳の大横綱・田丸公美子さん(万里さんは彼女をイタリア名シモネッタと呼んでいる)と仲良くて、シモネッタさんのエッセイの解説に万里さんがコメントを寄せていたのを思い出しました。

ほんと、通訳は言葉の魔術師!日本語も面白い!田丸公美子さんの本は読んだので、今度本屋さんへ行ったときは是非米原万里さんのをさがす予定です。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

Ciao!

はじめまして^ ^

某sns経由でこちらにお邪魔させてもらいました。

「輝ける青春」は、イタリアを知るにつれて味の出てくるような作品だと思うのですが、それを授業に使うって素敵ですね。ただ未熟者の私としましては、まだまだ分からないところが多いなって教えられた映画でもあったんですが。。。

また面白い映画がありましたら紹介してくださいねー(^^)/~

輝ける青春

実はまだ全部見てないんですよぉ。大好きなアレッシオ・ボーニが出ているというのに!!確かに、あの映画にはアルノ川氾濫の話が出てくるんですよね。Firenzeでは、去年の11月がこの40周年のメモリアルだったのですが、いまだにこの災害の修復が終わっていません。そして、対策も終わっていません(…というか、やっていません)。Firenzeを歩くと、街のあちこちにこの洪水の時の水位が印してあって、その高さにびっくりします。今度もしFirenzeに行く機会があったら、ぜひ注意して見つけて見てくださいね。

お返事遅くなりました

MBさん
はじめまして、今日までコメントを頂いていたこと気付きませんでした。
申し訳ありません!良い情報は交換し合えたら嬉しいです。
今後もよろしくお願いします。
Kanettaさん
パーツごとに見ているので全部まとめて観てみたいと思いました。
次回フィレンツェい行く際に、見上げて洪水の最高水位に注目してみたいです。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ