忍者ブログ

イタリア語検定2級への道

3回落ちて、2006年・4回目にとうとう取得できた イタリア語検定2級。 2007年秋イタリア語学校の奨学生として、会社の休みをもらい、ミラノに1ヶ月留学。 その後、ちょっとした燃えつき症候群になるものの、仕事に使うなら英語も必要ということで、 しばしTOEICの勉強をしていました。 2009年3月に受けた結果は、780点。 残念ながら目標の800点に届かず。 TOEICのおかげか否かは不明なものの、2009年念願の正社員で働き始め、語学とは遠ざかるばかりの毎日。 イタリア語への情熱が再び燃え上がる火はくるのか!?

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このparafrasiは3/25に載せた Odissea を少しずつ更新していっているものです。

Eppure Zeus cerca de liberare Ulisse da Calipso mandando Ermes ad Ogigia per ordinarle.(costringere la dea.)Nello stesso tempo (nel frattempo) Atena si dirige verso Itaca per spingere a (far) ricercare Ulisse come l'aiuto del (dal) figlio Telemaco.I principi dei paesi vicini seducono (cercano di sedurre)Penelope congiurando contro(per prendere) il posto del (marito : )re di Itaca.Ma la regina ancora non accetta la morte di suo marito.

この辺りは,とにかくいろんな言い換えるための適当な言葉を辞書で調べまくって、書いた部分です。
そのため、日本語では自分の言いたい表現だったとしても、この文章に当てはめたときは適切でなかったり、意味が通じなかったりというのが多かったです。
その文章に適切かどうかは、1度使ってみて指摘を受けて初めて分かるので、こうして地道に試すしかありません。
4行目の seducono とcercano di sedurreの違いについて、
前者は、すでにペネロペは彼らの口説きに応じたことになり、後者は彼らが口説いているだけでペネロペはそれに一切応じていない。という大きな意味の違いがありました。これも、説明してもらって改めて違いを認識した次第です。

何とかして、自分の思う日本語を美しくイタリア語に訳そうと躍起になり、小難しい使ったこともないような単語を使ってしまいました。しかし、先生の添削後は、以外と明快で簡単な単語が使われて、且つ意味が分かり易くなっていることに愕然としました(笑)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Camminina
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
イタリア語
自己紹介:
埼玉県在住。4度目の挑戦にして2006年12月、晴れてイタリア語検定2級に合格。
2007年2月、イタリアでの4週間授業料免除の奨学生に志願・通過!
10年目にしてやっと実り始めたイタリア語ライフ。
その後、TOEIC受験を経て貿易関連の会社に転職。
語学から、少し離れた生活を送っています。
好きなもの:たくさん
嫌いなもの:パイナップル、魚の目
興味津々なもの:建築、英語、スピリチュアル

バーコード
ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- イタリア語検定2級への道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ